視察研修 お疲れさまでした!

8月2,3日は常陸太田ブドウ部会青年部の視察研修でした。
今回お邪魔したのは滋賀県にある”アグリパーク竜王”さんでした。
画像

この施設は 果物狩り(ぶどう、なし、さくらんぼ、いちご)、バーベキュー、野菜直売、野外ステージ等々手掛けており、まさに農業のテーマパークの様な物でした。
当初は第3セクターで国レベルの計画で始まったみたいです。 それにしても規模がデカい!
画像

画像

画像


そこで今回は「紅伊豆」「紅富士」「竜宝」の6つの品質基準をクリアしたものを「紅式部」というブランド化し、県産ブドウのイメージアップに成功しているという事でその経緯についていくらかでも参考になる事はないかという事でお邪魔しました。

話によると「紅式部」と言っているのは「紅伊豆」「紅富士」「竜宝」の6つの厳しい品質基準をクリアしたブドウのみに付けられる称号であり、全体の量のほんの数%しか出ないので幻のブドウとして売っている様です。
また、「紅式部」を生産する事を目標に作業する事により、全体のブドウの品質も向上しているとの事でした。
長旅だったので1日目はこの1個所を見させて頂いて終わりでした。

次の日は琵琶湖大橋を渡り 道の駅”びわ湖大橋”を視察
画像


琵琶湖の畔にあるとてもおしゃれな道の駅でした。
常陸太田でも直売所の建設計画があるようですが、これぐらいの規模の少し垢抜けたものにしてもらいたいものです。
画像

ここで売っていたのが”竜宝”でした。 この時期に行った甲斐がありました。
画像

このパックで680円結構なお値段でした。 お味の方は、まだ早かったのか、常温で食べたせいか若干甘みが足りない様な気がしました。
でもこのパック売りは参考にできるかも?

今回は遠出だったのでこの2か所の視察となりましたが、ちょっとだけ観光もしてきました。
やはり滋賀県と言えば、彦根城と琵琶湖でしょう!
画像

画像

今回も有意義な研修旅行となりました。
ちなみに、当井上レジャー農園でも”竜宝”を作っていますので食べたい方は宜しくお願いします!
竜宝は9月からの販売となります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック