新たな試み

今年は親父がいなくなってしまった為、少しでも作業の省力化を狙い種抜き巨峰にする木は短梢剪定風に製枝してみました。
県内の他の産地では結構取り入れられていて、”え 今頃そんな事言ってるの?”と言う声も聞こえてきそうですが、何分いざとならないとやらないたちで困ったもんです。

初めての試みなので、県の普及所の方とブドウ部会の皆様の手と経験と知識をお借りして剪定しました。
皆様ありがとうございました。
画像

画像


今年までは種抜き巨峰でも長梢剪定で作っていましたが、夏の枝管理等が大変でした。
これで少しは管理がしやすくなる事を期待します。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック